​メンバーの本の紹介       

「4歳からの性教育の絵本 コウノトリがはこんだんじゃないよ!
-おんなのこ、おとこのこ、あかちゃん、からだ、かぞく、ともだちのこと」

 本書はイギリスで出版され、大好評となり、その後、アメリカでロングセラーとなった人気絵本の日本語版です。子どもたちのたくさんの質問や疑問に答えるために書かれました。子どもの年齢に合ったもので、科学的に正しく、新しい情報であることを確かめるために、多くの保護者や教員、図書館司書、看護師、医師、ソーシャルワーカー、心理学者、科学者等々の話を聞いて作られています。

 

 子どもたちが、性に関わってどのような「わからないこと」があるか、どうやって調べればよいかから始まり、からだの学びに入ります。からだの共通性や1人ひとりの多様なありかた、つま先から頭のてっぺんまでのからだの名前、子どもからおとなになるまでのからだの成長といった、からだの今とこれからが描かれています。そして受精のしくみと性交(セックス)の説明、受精卵が胎児となって出産するまでの過程を学ぶことができます。実物大で描かれた胎児の成長の過程や、妊婦が映画を観たり、散歩をしている絵はとてもユニークですので、皆さんにぜひ見てもらいたいです。さらにどのように友だちや家族と関係をつくるかといったことや、多様な家族のあり方まで実に幅広く、具体的であり、かつ読んでいて楽しい気持ちにさせてくれます。

  この絵本は4歳からの子どもが1人で読むのも良いですし、友だちと一緒に読んでも良いでしょう。おとなが子どもからの性に関わる「なんで?」に答える時や、おとな自身の学びなおしのためにも、また子ども向けのセッション等で教材としても使える内容となっています。(艮香織)

%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%83%8E%E3%83%88%E3%

著者:ロビー・H.ハリス

イラスト:マイケル・エンバリー

翻訳:上田勢子

監修:浅井春夫、艮 香織

発行所:子どもの未来社

価格:本体2200円+税

 人格の基盤を育む大切な時期である乳幼児期、そんな重要な時期の性と性教育を研究・実践する性教協の新たなサークル作りを一緒に進めませんか?「ちょっとやってみようかな?」そんな一歩をふみだすご連絡、お待ちしております! 

Copyright © 乳幼児の性と性教育サークル All Rights Reserved.

​​​

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now